BISON 500

この機材で、お気に入りのデュアルモノコンプレッサーやEQを、パラレル可能なM/Sデバイスへ。

​機材の概要

IGS AudioがリリースするBison 500は、ドライ/ウェットミキサーを備えたシンプルなM/Sプロセッサーで、500シリーズのラックに接続できます。 お気に入りのデュアルモノ、または2つのモノコンプレッサーやEQを接続するために、機材のフロントパネルには、2つのステレオジャックコネクター(センドとリターン)が装備されています。シンプルな操作で、驚くほどの効果を得られる機材の一つです。

1つのスイッチと1つのノブで、M/Sモードとパラレルコンプレッションをコントロール可能。

​Mid/Side

スイッチを入れると、接続されたコンプレッサーやEQはミッド/サイドモードで動作を開始します。このモードでは、左チャンネルがミッドセクションを制御し、右チャンネルがサイドチャンネルを制御します。 この機材を用いることで、より美しいステレオイメージを生成することができます。

854,r,580,460,1.png

​ユーザーの好みのコンプレッサーやEQを接続するのみ

868,r,1280,0,1.jpg

​パラレル

ドライ/ウェットノブは、パラレルコンプレッションに使用されます。 ドライミックスの自然なダイナミクスを失わせずに、サウンドを適度に作り上げたい状況に最適です。

​IGS Audio ポーランド本社によるデモ動画

​IGS Audio Japanから、おすすめの使用方法

・エレクトリックトラックバス

ステレオで構成される様々なエレクトリックトラックに対しては、コンプレッションと共にステレオイメージを自在に操れるデバイスは非常に重宝します。このステレオイメージ自体は、コンプレッションのみではなくEQで行われることでも、非常に魅力的な楽曲構成を可能とします。

・ミックスバス

​ステレオイメージを触るのは、マスタリングというイメージが強いですが、ユーザーによってはその前段階であるミックスバスへも自ら介入したいという方がいらっしゃることでしょう。勿論マスタリングという行為においても、この機材は有用と言えます。

また微細な調整を求める場合には、パラレル機能は何にも勝るツールと言え、多くの場面で活用することができます。M/Sという機能とパラレルという機能を双方に活用することで、アイディア次第で多くの可能性を楽曲に与えることが可能となります。