TUBECORE 500

IGS Audio 500シリーズのフラッグシップモデル。

Vari-mu が激しく動作することで生み出される美学とは。

​真空管コンプレッサーのマエストロ

TUBECORE 500は、完全対称型のトランスバランス型500シリーズコンプレッサーです。構造は、典型的なVari-mu・ソリューションに基づいています。 TUBECORE 500は、チューブバイアスのリモートカットオフを使用した圧縮を可能とする、真のチューブモノコンプレッサーです。モノラルトラッキングコンプレッサーとして、またはマッチドペアとして最高精度のミキシングツールとして使用できます。

​また、真空管を交換することで、その性格はガラリと姿を変え、驚くほどの個性を発揮する機材へと昇華させること可能です。

IGS Audioは、ユーザーのアイディアと才能次第で、無限の可能性を産み出す一助をさせて頂くと共に、どんな偉大なアイディアをも包み込むほどの、大きな器を持ち合わせているコンプレッサーとも言えます。

一切の妥協を排した、250VDCで駆動する真空管

すべてのTUBECORE500は最高品質を目指し、厳しい品質管理においてテストに適合したコンポーネント(1%金属皮膜抵抗、Wimaキャップ)を使用して手作りされています。 JJ真空管が標準装備されており、個別に調整され、史上最高のVari-muコンプレッサーの1つであり、唯一無二の体験を提供します。

TUBECOREの設計にはこれまで何百時間も費やしており、使いやすさと用途の広さを確認してきました。調和のとれた豊かなドラムやギターだけでなく、大きな許容量を求められるボーカルやベース楽器にも使用でき、優れたパフォーマンスを提供するために、2つのオーディオトランスフォーマー(SowterとCarnhill)が使用されています。

2つのTUBECORE 500を、ステレオペアとして使用することで、ミックスバスやドラムバスに最適なソリューションとして機能します。

TUBECORE 500には、2つのモノモジュールをステレオペアにリンクするオプションが付属しています。装備されているジャンパーをセットすることで、一台で双方の機能を制御することが可能となり、操作性の自由度からより直感的で攻撃的なミキシングが可能となります。

​IGS Audio Japanから、おすすめの使用方法

・ミキシングトラック

多くの楽器に対して柔軟に対応できるのが TUBECORE 500の特徴でもありますが、特に楽曲内においての存在感や輝きを求めるのであれば、ボーカルセクションは正にピカ一と言えます。特に女性ボーカルや、男性でもハイキーで勝負するボーカリストの声に対しては、楽曲内で『煌びやかさと、強さ』を表現することに長けています。

また、アコースティックギターにおいても濃密且つ密度の濃いリッチテイストを付加することができ、ワンランク上質のサウンドを手に入れることで、楽曲に華を添えることが可能です。

・マスターバス / ドラムバス

上位機種であり、マスタリングコンプレッサーでもある、TUBECORE 3Uとはまた異なる面持ちのサウンドを奏でます。TUBECORE 3Uはマスタリングをも視野に入れていることから、コンプレッションとしては比較的ソフトな傾向にあります。しかし、500シリーズの場合はミキシング機材らしく掛が強く、よりユーザー側に与えられている裁量が多いと感じられるのも特徴です。

そうした面から、マスターバスにTUBECORE 500を用いることで、より深みがあり更には濃密という意味では、より味わい深い纏まりを手に入れることができることでしょう。また、ドラムバスでは意外とも言えるほどに効きが良く、スネアを主流とした、コンプレッションから得られる独特のエフェクト感も、リッチテイスト共に提供されます。