​S-Type 500 VU

S-Type 500は、伝説的な英国の大型コンソールのバスコンプレッサーにインスピレーションを得て、最もよく知られた機能をIGS Audioの設計思想の下ブラッシュアップし、製造されたコンプレッサーです。

コンプレッサーの心臓部は、現在使用ができないDBXタイプのサーキットではなく、独自の回路を用いていることから、IGS Audioならではのリッチで濃密なサウンドを実現しています。アナログパスは、超高速オペアンプとバランスが取られており、これが完全とも言える透明感溢れるサウンドの源です。

最小限のレベルのノイズの実現により、デバイスをあらゆる音楽環境で使用でき、サイドチェーンHPFを追加装備しています。これにより、ユーザーは低域の周波数を選択して、任意の帯域を非圧縮で通過させることができ、容易にポンピングが回避できるメリットをも享受しています。

S-Typeは、最も要求の厳しいプロのオーディオアプリケーションでの使用を目的とした、正確なダイナミックレンジコントローラーと言えます。

​サイドチェーン機能について

IGS S-TYPE 500はステレオコンプレッサーとして、大型のGRメーターと、入力と出力合わせて4つの高速で最新のオペアンプを備えています。このステレオ回路の完璧といえるなバランスは、ユニット内の2つのチャネルが統合され、両方のVCAステージを制御するために使用されています。

これにより、S-TYPE 500を外部サイドチェーンコンプレッサーとして使用でき、音声信号は全面パネルに装備されているEXSCから入力することが可能です。

MIXノブは並列圧縮を可能にするので、ドライ信号とウェット信号ブレンドし、パラレルコンプレッションを可能とします。

IGS Audioは、非常にクリエイティブなデバイスを作り上げたと自負しています。

​より良いステレオバス

IGS S-Typeは、ユーザーがこれまで聴いてきた、お気に入りのレコードからコンプレッション・サウンドを提供します。

これは、ミックスにおける魔法の接着剤とも言われ、穏やかな抱擁から攻撃的なクラッシュまで、あらゆる要素を一台で実現できるコンプレッサーでもあります。

1255,r,580,460,1.png

​アグレッシブに様々なセッティングを試したデモ

​ドラムバスにS-Typeを用いたデモ

​IGS Audio Japanから、おすすめの使用方法

・ドラムミックスバス

​強力なドラムサウンドを得意とする、S-Typeらしいサウンドを得ることができます。深めにかけることにより、刺激的なエフェクトを得られると共に、オリジナルのバスコンプレッサーには付帯されていない、パラレルコンプレッションを用いることで自在なサウンドデザインを可能とします。

・マスターバス

IGS Audioの真骨頂と言えば、何といってもその濃密・濃厚なリッチテイストにあります。透明かと思えばヘビーな空気を漂わせ、軽快かと思えば重い低音を生み出してきます。正に多くの表情を持ち合わせる機材と言え、ユーザーは自由にその表情を使い分けることで自在に楽曲をコントロールすることが可能となります。

そんなテイストのバスコンプレッサーを、メインのマスターバスへ用いることは、楽曲を引き立てるのに一層役立つことでしょう。昨今の緻密なモニタリングを可能とするシステムの中にあっても、リッチテイストのサウンドをパラレルコンプレッションを使い非常にナチュラルに仕上げることが可能です。或いは強力なEDMのサウンドに合わせて、深いコンプレッションで印象的なエフェクトを楽曲に与えることもできます。

これほどのスキルを持つ機材が、現代では随分とお求めやすい価格に落ち着いてきたことは、音楽愛好家たちにとって何よりものアドバンテージになることでしょう。