• yuichikase

RB 500 MEとRB 500の違いについて

皆様こんにちは。IGS Audio Japanの加瀬でございます。本日は、500シリーズの製品で、パルテックタイプEQでございます、Rubber Bands 500 Mastering Edition (ステレオ仕様)とRubber Bands 500 (モノラル仕様)のサウンドの違いについて、ご紹介させていただきます。


ステレオバージョンは、非常に濃密な低音と現代的な表現を得意とする高音部を有しております。具体的に楽器で例を挙げるとすれば、ドラムやシンセサイザー、ストリングストラックで使用しますと、大変味わいのあるトラックへと変貌させることが可能です。



モノラルバージョンは、パルテックタイプEQの中でも非常に優秀な、使い勝手の良いイコライザーとして、ご使用をいただけます。エレキベースやシンセベース、ギターやボーカルなど、幅広くお使い頂ける機種でございます。私個人の個人的な意見としましては、エレキベースはモノラルタイプのRubber Bands 500の方がより適していると感じております。



IGS Audio Japan 加瀬

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

イケベ楽器Power Rec渋谷店での参考展示について

皆様こんにちは。IGS Audio Japanの加瀬でございます。本日は、近日中に開始予定のイケベ楽器Power Rec渋谷店でのIGS Audio製品の参考展示についてお知らせ致します。 展示製品は、初回入荷分予約受付中のAPI500シャシーであるPanzer 500をはじめとして、Tubecore 500 (Vari-Muタイプコンプレッサー)、ONE LA 500 (Optoコンプレッサー)

宮地楽器RPM様でのIGS Audio機材展示について

皆様こんにちは。IGS Audio Japanの加瀬でございます。本日は、IGS Audioの正規販売店でございます、宮地楽器RPM様(東京・小川町)にて展示頂いている機種についてご紹介をさせて頂きます。 現在、以下の機材が展示されており、お客様に試して頂けるような状況となってございます。 ・Tubecore 500 ・Tubecore 500 Tube Mod ・ONE LA 500 ・ONE