500シリーズ機材への電源供給と最適なシャシーについて

皆様こんにちは。IGS Audio Japanの加瀬でございます。本日はIGS Audio本国のIgor氏本人による解説ビデオを日本語にてご紹介させて頂き、掘り下げてご説明をさせていただきます。

動画冒頭では、IGS Audio製の真空管を使用している500シリーズ機材について、HPFが掛かっているかのように音が出力されることがあるという、とあるユーザーからの報告と、それに対して、その原因がモジュールをマウントしているシャシーの電源供給量が不足していることが原因であるという回答をIgor氏がお話しされております。


その検証といたしまして、動画中盤では、ONE LA 500を使用して、モジュールの正常動作に必要となる電流量を調整しております。電源供給が不十分な状況となった場合には、出力音にHPFが掛かっているように聴こえるかと思います。また、電流量を正常な値に戻しますと、出力音が正常に戻ることもご確認いただけるかと思います。


さまざまなメーカーより、API500シリーズに準拠したシャシーが開発・発売されておりますが、商品毎に電源供給量の上限や仕様が異なっております。IGS Audioの500モジュール、特に真空管を使用しているTubecore 500やONE LA 500、572 Red Stripeについては、モジュールの駆動に標準的なモジュールが必要とする電流量よりも大きなパワーが必要です。そういった中で、IGS Audio Panzer 500については、動画内でも映っておりますが、ONE LA 500を5台インストールして使用した場合にも、電源供給量の不足に陥ることはないという、電源供給と安定性に特化したAPI500シャシーでございます。


1点補足をさせていただきますと、放熱の観点から考えた際には、動画内で映っているような、真空管モジュールを5本インストールし、同時使用するという使用方法は、機器同士が非常に熱くなり、場合によってはモジュールに付いている安全装置が作動し、動作が停止するという可能性もございます。また、機器の寿命を縮めることにも繋がりますので、真空管モジュールのインストール時には、ラック上部・下部との隙間の確保ならびに排熱のためのモジュール毎エアフローの確保を十分に行ってください。


ご不明点等ございましたら、お気軽にコメントもしくはお問い合わせフォームよりお願いいたします。


IGS Audio Japan 加瀬

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

IGS Audio製品の各種納期について

皆様こんにちは。IGS Audio JAPANの加瀬でございます。本日は、IGS Audio JAPANが取り扱っております各種製品の納期についてご説明をさせて頂きます。 まず、API500シリーズ機材につきまして、こちらは基本的にはIGS Audio JAPANとして常時在庫をしている商品でございます。また、正規販売店様の店頭在庫等のご用意もございますので、在庫ありの場合には、すぐにお買い求めい