待望のPanzer500が、正式リリースされました。


国際エンドーサーの古屋です。

国際的に評価の高かった、IGS AudioのPanzer500が遂に国内リリースされました。やっとという感じですが、電源関係の法令上、確認に時間が掛かった次第です。


さて、この機材ですが、自分自身で5台も持ち合わせているくらいに惚れ込んでいまして、SSLのXL-DESKにはフルチャンネルで装備していますし、SPL Mixdream、またHeritage Audioのサミングミキサーにも全てPanzer500を介して、各モジュールを稼働させています。

「何が良いのか?」と聞かれれば、圧倒的なリッチテイストを演出してくれるという意味で、他メーカーとは一線を画していると感じています。シャーシでも相当に機材のサウンドは変化するもので、各モジュールが影響を受けるとなると、それなりの吟味が必要になるかと思います。

特に個性の強いIGS Audioのモジュールは、このPanzerで鳴らしてあげると、奥底から魅力が溢れ出るとでもいうのでしょうか(笑)、濃密濃厚のテイストはこのシャーシあってこその物かと思います。

また写真でご確認いただけるように、elysiaなどのHi-Fi系サウンドにもよく似合うところがあり、Hi-Fiを単に甲高く聴こえさせるのではなく、更にそこへ”リッチ”というテクスチャーを追加してくれることで、よりelysiaの魅力を感じることができるといった一面もあります。


是非皆さま一度この機材をご体感ください。IGS Audio Japanでもデモができますし、神田の宮地楽器さんでも現在展示・デモが可能な状況です。しかも、IGS Audioの機材が満載に詰め込まれたラックにて、存分に味わいをご堪能いただけます。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

イケベ楽器Power Rec渋谷店での参考展示について

皆様こんにちは。IGS Audio Japanの加瀬でございます。本日は、近日中に開始予定のイケベ楽器Power Rec渋谷店でのIGS Audio製品の参考展示についてお知らせ致します。 展示製品は、初回入荷分予約受付中のAPI500シャシーであるPanzer 500をはじめとして、Tubecore 500 (Vari-Muタイプコンプレッサー)、ONE LA 500 (Optoコンプレッサー)