ONE LA 500

​クラシック - LA2A - を、貴方のコレクションに。

1260,r,580,460,1.png

IGS Audioが生み出した ONE LA 500は、500シリーズフォーマット用に構築されたオプトコンプレッサーです。これは、IGSが提供する最初の高電圧真空管500シリーズモジュールで、オンボード電圧コンバーターから250VDCで電力が供給されるため、標準的な500シリーズラックに接続できる、正に画期的な逸品です。

すべてのONE LAは、厳しい検査に適合した高品質のコンポーネント(1%金属皮膜抵抗、Wimaキャップ)を使用して手作りされています。

JJチューブが装備され、個別に調整することで、歴史上最高のオプトコンプレッサーの1つであるTeletronix '68LA-2Aの唯一無二の体験を提供します。

ONE LAの設計には数百時間をも費やしており、使いやすさと用途の広さを確認しています。調和のとれた豊かなボーカルやストリングスだけでなく、巨大で力強いドラムやベース楽器にも使用できます。

1261,r,580,460,1.png

​トランスフォーマー

455,r,580,460,1.png

3つのオーディオトランスフォーマー(オーディオパスのSowterとEdcor、サイドチェーンのOEP)を使用して優れたパフォーマンスを提供し、2つのノブと1つのコンプレッサー/リミッタースイッチだけで、シンプルでありながら強力なサウンドを作り上げることが可能です。さらに、フォトセルを簡単に交換でき、ご自身で選択されたトランスがご利用可能です。

IGS Audioは、ユーザーの個性や考え方を最大限尊重し、多くのご希望に応えられる『大きな器』としての機材という一面も持ち合わせています。

標準で付帯してくる真空管でデモを行った ONE LA 500

​IGS Audio Japanにて、真空管のチューニングを行った ONE LA 500

​IGS Audio Japanから、おすすめの使用方法

・ミキシングトラック

シンプルでわかりやすい操作性から、ビギナーからベテランのユーザーまで楽しんでいただけるものと思います。

ボーカルやアコースティックギターでは、輝く音色を与えると共に、リズムギターやベースなど、楽曲内では失われ過ぎては困るが、存在感を求めたい場合などにも重宝します。IGS Audioが得意とする濃密でリッチなテイストが、たった2つのノブで手に入る驚きと共に、深めにコンプレッションして頂くことで、メーカー側が考えている音の方向性というものを存分に感じて頂ける逸品とも言えるかと思います。

・マスターバス

リッチテイストとシンプルな操作性というところから、マスターバスに挿すことで、非常に美しい纏まりあるサウンドテイストを得ることができます。また、真空管を交換して頂くことで、驚くほどに性格を変えることができるのも特徴で、スタジオや個々の皆様が大枠として持ってらっしゃる『音質の方向性』を定めて行くことも可能です。

​真空管の交換や、その効果についてのデータ取りをIGS Audio Japanでは行っており、ご要望があれば各種ご対応のほどさせて頂きます。