NE573

IGS Audioによる伝説的なプリアンプの復刻。

IGSのエッセンスが付加された上質な逸品です。

1167,r,580,460,1.jpg

伝説的なサウンドを取り戻す。

IGS Audio NE573は、単に見覚えのある特徴的な赤いノブが付いているだけではなく、使用パーツの厳密なマッチング、オリジナルモデルの設計、モトローラ製トランジスタの採用により、かの有名な1073プリアンプと同様に素晴らしいサウンドを500シリーズ規格の機材として提供します。選択可能なインピーダンスと楽器用のバッファーにより、あなたのスタジオに万能な一台となることでしょう。

1166,r,580,460,1.jpg

フロント

復刻にあたり、外観を似せることは重要なことではありません。大事なのは筐体の中に備える回路がどのような設計であるかどうかです。NE573は、24Vにより駆動し、入力段および出力段の双方にCarnhill製トランスフォーマーを備え、また出力段には、Grayhill製スイッチとモトローラ製トランジスタを備えています。お気づきかもしれませんが、この設計はオリジナルの初期型のモデルをベースとしています。

1164,r,580,460,1.jpg

伝説と現代の融合

オリジナルと同様のパーツと24Vでの駆動により、音楽制作の黄金期のあのサウンドを現代に呼び戻します。

​IGS Audio Japanから、おすすめの使用方法

・マイクと組み合わせた楽器・ボーカルのレコーディング

IGS Audioの特長である濃厚で音楽的なサウンドを、このNE573もほかのラインナップと同様に提供します。ただの伝説的なプリアンプのレプリカではなく、設計者であるIgor氏によるエッセンスがしっかりと感じられます。ダイナミックマイクと組み合わせ、エレキギターのキャビネットからのトラッキングでは、プレイヤーのサウンドに更に一味加えることが可能で、この伝説的かつ特徴的なサウンドは、NE573でのみ味わうことのできる上質なものです。また、インピーダンスの切り替えにも対応しておりますので、幅広いマイクとのベストな組み合わせを実現します。

・DIとして

エレキベースなどを直接TS端子に接続し、DIとして使用することが可能です。ライン録音とは正直思えない、濃厚で芯の太いサウンドを収録することが可能です。IGS Audioのラインナップの中には、真空管プリアンプである572 Red Stripeもございますが、真空管による音の太さとはまた違った、伝説的な音の太さを提供します。