Double Triode Limiter

353,r,1280,0,1.png

​プリアンプの神髄

Double Triode Limiterは、あらゆるタイプのマイクで動作するように最適化された真空管マイクプリアンプです。

広範囲なGain効果により、ドラムを最も大人しいリボンマイクで録音が可能になります。 また、シンセサイザーやドラムマシン(Akai MPCなど)などの外部デバイスから、トラックレコーディングするのにも適しています。 DAWのトラックをリアンプすると素晴らしい結果が得られ、サウンドに素晴らしいチューブサチュレーションを追加することもできます。 ハイ・インピダンス入力(HiZ)がフロントパネルに装備されていることから、エレキギターまたはベースギターをチューブアンプの初期段階のグリッドに直接接続できます(一般的なHiZソリューション)。

354,r,580,460,1.png
357,r,580,460,1.png

​リミッター

リミッターセクションを、追加機能として使用することができます。 これは、入力信号のピークレベルを制限するために使用でき、リミッティングを司るコンポーネントは、IGS Audioによってカスタム設計されたフォトセルを使用しています。リミッターが作動しているときは、フロントパネルの「Limit」というラベルの付いたLEDが点灯します。リミッターは過大な信号を制御し、ADCにおける入力でのデジタルクリッピングを防ぎます。 もう1つの使用方法としては、ドラムコンプレッサーまたはミックスバスコンプレッサーとして使用することです。ミックスの全体的なダイナミクスを改善し、より明るいサウンドを与えることができます。

​多くの魅力的な機能を体感する

プリアンプのオーディオパスは、両方のステップに個別のドライブを備えた2ステージの真空管アンプです。 最初のステップでのサチュレーションは、入力信号レベルに依存します(パッド-20dBを使用することも可能です)。 2番目のステップにおけるサチュレーションは、出力レギュレーターに依存します。 入力と出力は、Carnhill(英国)およびEdcor(米国)のトランスフォーマーによってバランスが取れています。アノード電圧はDC300V近くに設定されており、チャネルごとに出力とリミッターの値をスムーズに調整できます。スイッチ類は、GAIN、+ 48V、Mic / HiZ、Phase、Pad-20dBが装備されており、Hi-Z入力はフロントパネルに用意されています。メーターは出力信号レベルを示します。